留学TOP > オーストラリア
オーストラリア ■基本情報■

国名:オーストラリア
首都:キャンベラ
人口:19,913,144人(世界第52位)
面積:7,686,850km²(世界第6位)
公用語/通貨:英語/オーストラリアドル
日本との時差:シドニー・ケアンズ/+1時間
国内に3つの時間帯があり、東西の時差は3時間。
※クィーンズランド州、ノーザンテリトリー以外はサマータイムあり
学生ビザ:3ヵ月を超える場合は必要
世界遺産:ケアンズのグレート・バリア・リーフ(巨大な珊瑚礁帯)、タスマニア原生地域、カカドゥ国立公園など人気のスポーツ:ラグビー、サッカーなど

■気候について■

南半球に位置するオーストラリアの気候は、北半球に位置する日本の気候とは正反対であり、日本の国土面積の約21倍の広大なオーストラリア大陸の気候は地域や都市で大きく異なる。オーストラリア大陸の気候は、北部沿岸の熱帯雨林気候地域から中部沿岸の亜熱帯性気候と南部沿岸の温帯性気候地域があり、大陸内陸部には砂漠性気候地域がある。熱帯雨林気候地域と亜熱帯性気候の北部沿岸では、雨季(12月〜3月)と乾季(4月〜11月)の季節があり、温帯性気候地域では、春(9月〜11月)、夏(12月〜2月)、秋(3月〜5月)と冬(6月〜8月)の四季がある。

オーストラリア大陸の気温は、北部が高く南部が低い。ダーウィン、ケアンズなどの都市は、熱帯雨林性気候地域に位置し、年中常夏であり、雨季は降水量も多く暑いが乾季は暑さも和らぎ過ごしやすい気候である。

ブリスベン、ゴールドコーストなどの都市は、亜熱帯性気候地域に位置し、1年を通じ気候が温暖であり、晴天の日が多い。

シドニー、メルボルン、アデレード、パース、ホバートなどの都市は、温帯性気候地域に位置し、四季があり、気候も比較的穏やかである。オーストラリア大陸の南東部とタスマニアが最も寒い地域である。

エアーズ・ロック、アリス・スプリングスなどの内陸の観光地と都市は、砂漠性気候地域に位置し、昼と夜の温度差が大きく、降水量が少ないため年中乾燥している。

■お勧めポイント■

大自然のある国、オーストラリア:のどかな気候とマリンスポーツが魅力☆
コアラやエアーズロックといった観光分野も充実しています。

留学マスター,一括資料請求

留学プログラム検索結果

1 | 2 | 3