費用一括見積り資料請求で留学の第1歩を踏み出そう!
留学マスターは、あなたの留学をバックアップしてくれる心強い味方!
スムーズな準備から現地でのサポートなど、活用しない手はありません。
当サイトでは大手留学エージェントにまとめて資料請求(無料)。
あなたの留学プランにぴったりなエージェントをしっかり検討できます!

留学マスター,一括資料請求
  • 春休み短期留学
    夏休み×短期留学
    夏休みこそ有意義に過ごそう!短期間でステップアップできるプランをご用意しました。
  • イギリスワーホリ
    イギリスワーホリ
    定員が400名→1083名に、就労制限なし、年齢制限が25歳→30歳と、参加条件が大幅に変更となったイギリスワーホリがお得!!
  • 春休み短期留学
    夏休み×短期留学
    夏休みこそ有意義に過ごそう!短期間でステップアップできるプランをご用意しました。
-->

留学経験談から選ぶ

留学,ワーホリ,ホームステイ,語学留学,留学マスター

カナダへワーホリに行った、Hさん

ワーホリでカナダに行く前は、ほとんど英語が話せませんでした。
しかし、同僚の影響でワーホリのことを知り、長期休暇を取りカナダへワーホリに旅立つことを決意しました。

ホームステイ先は、5人家族(父、母、息子3人)のお宅でした。
はじめての海外生活で緊張している私を、ホストファミリーの皆さんが和ましてくれ、おかげで大変楽しい時間を過ごすことができました。生活する中で徐々に英語で意思疎通ができる程度にもなりました。帰る時にホストファミリーの皆さんが泣いてくれたのがすごく嬉しかったです。

3週間という短い時間でしたが、カナダでの留学で人と人とのつながりを強く感じる時間を過ごすことができました。ホストファミリーの皆さん、留学にご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

留学,ワーホリ,ホームステイ,語学留学,留学マスター

オーストラリアへ語学留学に行った、Iさん

語学留学でオーストラリア に行くまでは、自分に自信が無く常にマイナス思考でした。そんな自分を変えたくて、オーストラリアへの語学留学を決意しました。

出発前は、無事現地で過ごす自分が想像できず不安で、機内食も喉を通らない状態でした。しかしケアンズに着いてからは、どうにかやっていかなければと自分を奮い立たせ、留学センターでオリエンテーションを受け、ホストファミリーの家に行きました。
移動中の車の中から見る景色が全て新鮮で、どんな1週間になるのかと不安が一気に楽しみへと変わっていきました。英語が満足に話せないので、ホストファミリーとのコミュニケーションに多少の戸惑いはありましたが、単語やジェスチャーでどうにか最低限のコミュニケーションを図ることができました。

翌日から学校で緊張していましたが、すぐに友達もでき、楽しい生活を送ることができました。クラスにはいろいろな国の人達がいて、様々な国の文化に触れることもできました。

この1週間で、英語力、人間力共に成長することができ、留学前にはなかった自信もつきました。今度は、近いうちにケアンズにもっと長い期間滞在したいです。

留学,ワーホリ,ホームステイ,語学留学,留学マスター

カナダへインターンシップに行ったTさん

大学卒業前に自分自身に挑戦したく思い、インターンシップでカナダのバンクーバーへ行くことに決めました。

前半3週間は語学学校へ、後半3週間はイタリアンレストランでインターシップを経験しました。
語学学校では、英語を学ぶ環境が整っていましたが、インターンシップでは、英語を勉強するためでなく、いちスタッフとして仕事や役割をこなす必要がありました。なので、日常的、専門的な英語にも常に慎重に対応するという大きな課題を乗り越えなければいけませんでした。
始めのうちは、仕事も忙しく、つたない英語での対応で自分自身に余裕が持てない時もありました。 しかし、スタッフはみんな明るく親切で、私をいちスタッフとしてきちんと扱ってくれたので大変嬉しかったです。

過ぎてみると、ヒアリングやスピーキングなどの英語力はアップし、国境を越えた人々の温かさや価値観を身をもって感じることができた6週間でした。 振り返れば大変でしたが、すごく充実した6週間を過ごすことができました。このような経験ができたことを誇りに思います。

留学,ワーホリ,ホームステイ,語学留学,留学マスター

アメリカにホームステイ正規留学をしたKさん

【ホームステイ】

高校時代に英語もろくに話せないまま、アメリカ留学に向かった私は、 ロサンゼルスの空港でホストファミリーに迎えられた。 家族を紹介され、自分の部屋へ通され、家の決まりごとを説明され、 「何か質問はある?」と最後に聞かれたものの、聞き取るのが精いっぱいで、 初めて目のあたりにした英語でコミュニケーションを取る他ない状況に、 しどろもどろになったのを覚えている。 ホストファミリーには、4人の子供がいて、放課後は、家の庭で子供たちと一緒に遊んだ。 週末には教会にも連れて行ってくれ、異文化を体験することができた。 こうして半年後には、最初は、ぶつ切りの単語を合わせたような会話しか取れなかった自分が、 もどかしさを感じずに英語で気持ちを伝えられていることに気づいた。

【寮生活】

念願のキャンパスライフを送ることになった私のルームメイトはアメリカ人と韓国人だった。 共同生活という上に、ましてや生活習慣や文化、価値観も違う3人ということもあり、 何度もトラブルになったが、お互いゆずれるところ、ゆずれないところなど話し合いを重ね、 受け入れ、気持ちよく過ごせるように努めた。 また、留学生の多い寮だったからか、それぞれの国の祝日には、 その国出身の留学生がイベントを開くなど、インターナショナルな体験をすることができた。 サンクスギビングには、アメリカ人のルームメイトが実家に招待してくれ、 七面鳥などの家庭料理をふるまってもらったりもした。 また、夏休みには、他の友達も一緒に国立公園へ車で行き、アメリカでの学生生活を堪能した。

【正規留学】

私は、高校卒業後はアメリカの留学に進学をしようと決めていたので、エージェントにお願いし、留学の準備をしつつ、英語の勉強をした。 留学して最初は、大学付属の語学学校に通い、語学力アップを図った。 授業も全て英語で行われるので、日本で英語の勉強をしていたとはいえ戸惑った。 上級クラスをパスすると、正規の学生として入学資格が与えられ、 半年後には大学入学を果たすことができた。 とはいうものの、それまでは留学生だけのクラスで英語を勉強していたのだが、 大学入学後は、英語を使って一般の授業を現地の学生と同じように受けるため、 人の何倍もの時間をかけて勉強しなければならなかった。 英語力がつくにつれ、徐々に大学生活にも慣れていったように思う。 大学4年生の時には、教授に認められ、アシスタントとして手伝う機会も与えられた。 常に何らかのチャレンジを必要とされていたけれども、 その分充実感のある時間を過ごすことができた。

留学,ワーホリ,ホームステイ,語学留学,留学マスター

オーストラリアにワーホリへいったAさん

オーストラリアへワーホリに行く前の私は人間関係に疲れ会社を辞めてしまったので、やりがいもなく目的もないまま暮らしていました。

そんな時、友人に「気持ちを変えるならいっそワーホリに行ってみたら?日本とは違う空気で働くことができるからすっきりするかもよ」と強く勧められました。

その時は「英語もしゃべれないし、海外って危ないんでしょ?だから、私は大丈夫」と断ったのですが、私の中で「ワーホリ」というものへの関心が高まり、その後空いた時間にインターネットなどで、「ワーホリ」について調べるようになりました。

いろいろ調べていくと、ほとんど英語がしゃべれない状態でワーホリに行かれている方も帰ってくる頃には英語で意思疎通ができるようになって帰ってきているということを知り、ますます「ワーホリ」への関心が強まり、オーストラリアにワーホリへ旅立つ決意をしました。

出発前はホントに話せるようになれるのか心配でしたが、いざ現地についてみるとホストマザーもホストファザーもすっごく素敵な方で、私の不安な気持ちをすぐに吹き飛ばしてくれました。 また、気候なのかオーストラリアの方って気さくな方が多く、そんな方と話しているうちに、会社を辞めてしまい辛かった気持ちも吹き飛んでしまいました。

1ヶ月という短い期間でしたが、帰る頃には、英語力も人間力も成長し、一回り大きな人間になれた気がします。 今は、またオーストラリアに今度はもっと長い期間(働きながら)滞在出来るように勉強中です。

留学,ワーホリ,ホームステイ,語学留学,留学マスター

スペインに正規留学へいったAさん

4か月半スペインのバルセロナに留学していました。スペインで第二の都市と言われているだけあってとても近代的でした。

住んでいた場所が世界遺産でもあるグエル公園の近くだったので、朝起きてグエル公園で散歩などもできました。
他にも少し頑張れば、サンパウ病院、サグラダファミリア、カサミラ、カサバトリョなども続けて歩いていくこともできたので、観光するのにもとても満足でした。

授業はレベル別に分かれていました。下のレベルは中国人が多く、中級はアメリカ人、上級はブラジル、ポルトガル、イタリアなどの割とスペイン語に近い言語圏の人がおり、国籍関係なくたくさんの国の人々が見られました。

バルセロナ大学に通っていましたが、大学は城のようでとてもよかったです。

観光も遊びも勉強もすべて楽しめる場所でしたが、スリは気をつけないといけません、それはどこの国に行っても同じことだと思いますが、普段の注意力を高め、モノを取られることだけ気をつければ自分の身に危険が迫ることはないとので、とても良い町でした。

また、今年の夏休みにスペインに渡るため、現在準備中です。

もっと見る